バイタルサイン測定におけるピットフォール

Nursing Care+─エビデンスと臨床知─ Vol 1 No 2(2018年07月発行)p336-
III. バイタルサインのここに注意!〜急変の予兆とピットフォール


バイタルサイン測定におけるピットフォール

~知らないと患者の異常を見逃す!? より正確に状態を判断するためには~

原田 愛子

バイタルサインは生命(vital)の徴候(sign)であり,バイタルサイン測定は軽症であっても重症であっても,すべての患者に行うものです.また,看護を行ううえで最初に学ぶ内容ではないでしょうか.バイタルサインの項目として「呼吸」「血圧」「脈拍」「体温」を4 つの柱として「SpO2」「意識レベル」「尿量」などさまざまなものがあります.これらは客観的に評価するために数値化され,その数値が異常か正常かで患者の状態を確認することができます.しかし,その数値を正しく判断できなければ,バイタルサイン測定を行っても患者の状態を正しく知ることができません.そしてその値は,正しいバイタルサイン測定を行わなければ信頼できない値となってしまいます.(以下本文参照)