けいれん発作

Nursing Care+─エビデンスと臨床知─ Vol 1 No 1(2018年04月発行)p51-
II. 一般病棟でもよく遭遇する急変への対応(症状別)


けいれん発作

~けいれんが起きたときの観察と原因検索,対応をチーム連携ですばやく行おう~

高橋ひとみ

けいれん発作は,身体の一部もしくは全身の筋肉が不随意に収縮しガクガクと震える発作のことです.以前は,けいれんは症状であり,てんかんは複数回の発作と定義されていました.現在の定義では,単独の発作でもてんかんと診断されてきています.
けいれん発作を目の当たりにしたときに,慌て焦っては十分な観察や対応ができません.まずはできるだけ落ち着き,患者のそばを離れずに応援を要請し,患者の安全確保に努めることが最優先です.(……以下本文参照)