Nursing Care+─エビデンスと臨床知─ Vol 1 No 3(2018年11月発行)p478-
II. 呼吸管理の疑問を解決しよう!


RSTの効果

~ RSTは呼吸ケアに関わる患者とスタッフをサポートする医療チーム~

諸見里勝

呼吸サポートチーム( Respiratory Support Team)の略であり,医師や看護師,理学療法士,臨床工学技士などの多職種により,呼吸ケアを受ける患者やそれに関わるスタッフのサポートを行う医療チームのことです.
RSTは,2000年前半より「呼吸療法における質の向上と安全管理」を目的とした,安全管理の標準化や教育のための活動として行われるようになりました.わが国において各施設ごと行われていたもので,ボランティア的な要素が強い活動が多くありました.2010年,チーム医療が重要視され診療報酬改定により呼吸ケアチーム加算が新設されたことで,多くの施設でRSTが導入されるようになりました.
RSTはわが国の取り組みであり,学会などで演題は増えていますが,その意義や有用性を示すデータは集積されていない現状ですので,有効なアウトカム提示は困難ですが,今回は,筆者の施設のRSTの現状や経験を含めて,RSTの役割と活動により期待される効果を解説します.